忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どっちが本当の自分?

きっとどっちもなんでしょうけど、こんな事を最近また考え始めてしまいました。

どちらかというと普通の一般家庭とは違う感覚で育てられ、確かに自分は違う存在でここにいてはいけないとかそんな感覚に襲われた事はあります。

決して自分は特別だとかそんな感覚ではないのです。

とにかく皆に迷惑をかけるから、自分はいないほうが良かったのではないか
いやきっとその方が良いに違いない

例えば幼稚園、小学生の時。
私はクラスでいつも虐められる対象でした。
背が高く、体は大きいほうでしたが、その割りに抵抗しないのでおもしろがられていたのか、
はたまた性格の問題だったのか…とにかく何故か何にもせずに遊んでいたら虐められる対象になっていたという事が多くありました。

その頃はきっと母の影響が強かったのかなと、今になっては思いますし、母も自分でそういっておりました。
その頃までの母は、煙草も酒もかなり強く、パンチパーマでミラータイプのグラサンをかけてデニムを穿き、バイクを乗り回して参観日にも来るというある意味インパクトのある方でした。
…娘が高熱を出して早退するときにも、バイクに乗って吹かしながら授業中に中庭に入ってきて、私を後ろに乗っけてさっそうと帰宅するという…卒業するまで語り草になりましたよ、先生達の。
同居をしていたので、家では主婦はきちっとしていましたが、とにかくキップのいい人で気に入らなかったらザンバラリ!
こそこそ陰口を言ったり、とにかく曲がった事が大嫌いの母は、そんなお母様方を見ると噛み付くタイプでした。
そしてその周りには似たような勢いのお母様方が必然的に集まるというわけで…
まあその方たちが私の母達なんですけど…
産み・育ての母(実母)、心の母、歌の母など色々とおりました。

そんな勢いのある母の子供でしたから、誰も口答えできませんよ。
大体間違った事は言っていないので言われた方は反撃すら出来ず歯噛みするのみ。
そんな母親達のグチを子供の前で言っていたら、特に女の子ですからそんな事に反応しますよね。
その関係もありまして、いらぬとばっちりを私が受けていたという事らしく…

先生が大好きだったから何とか幼稚園に通う事はしてましたし、休むなんていったら母にどつかれどやされ、無理矢理幼稚園にバイクで宅配って感じでしたしね。

小学校ではそんな幼稚園時代の影響のままズルズルといき3年生まで虐められていました。
その時のクラスはクラス崩壊。
その時の新任の担任の先生を辞めさせてしまう位のひどいクラスで、何度私はトイレで用を足していて上からホースで水をかけられ、職員室や自宅に泣きながら帰ったか…

そんな状態の時にもずっと思ってました。
私がいるからママ達や先生達にも迷惑をかけるし、皆も虐めたくなる位私の存在が嫌なんだし、いっそ居なくなったほうがいいんだ…

自分が迷惑をかける、とても手のかかるつまらない子だと、子供ながらに思っていました。

それでも今の子供達のように命を自ら経つという事をしなかったのが不思議ですが…そんな感覚はなく、家からふらりと出かけ、家に帰りたくないなと思ってずっと橋の下に座っていた事もありました。
探しにきた父にぶん殴られ、左耳が聞こえなくなりましたけどね…
そんな父、今はそうでもないですが、昔はとにかく子供に関して関わるのが嫌いな人でした。
だからこの時も、心配は無かったとはいいませんが、その感情の殆どが面倒くさいという事。
殴られて一発目、
「何でわしがおんどれの為にうごかにゃならんのじゃ!」
…痛みよりも、心がすっと涼しくなりました…

それでも色んな方に助けてもらい、頑張れと励ましてもらえたからここまでこれました。

が、今も時々この感覚が甦ります。

自分はつまらない人間で、結局何をしても実る事はなく、全て無駄に終わる運命だと。


ジャザの時は笑ってます。
凄く楽しいです。

人と御話するのは楽しいです。

楽しいの…楽しい…の?

ふと襲われる頭痛と不安感。

本当の私は、笑っている私なんだろうか。
それとも、つまらない私なんだろうか……

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

それはかなり気合の入ったご両親だったんだね。うちの両親とはまたタイプが違うが、私も「自分は特別ではないけど人とは違うなあ。」と疎外感を感じながら生きてきて現在に至っております・・・。お互い生きているだけ儲けもんじゃ。ゆっくり行こうね。
  • U-SHA
  • 2009/01/24(Sat)13:09:18
  • 編集

>U-SHAさん

両親ってそりゃ尊敬するけど、身内なだけに苦手な所が…これが人生一番最初の試練だったのかしらとかな…
今の時代に私が子供なら、ひょっとしたらもうこの世には…と思うと背筋が寒くなるよ…
生きてここまでいれるだけ、まだ良しと思わないとね…

プロフィール

HN:
ゆうな
性別:
女性
自己紹介:
庚の町ただ一人のオタク主婦。
4人と1匹(ダックス♂)家族。
広島在住。
名刺など小さなモノの製作を生業としつつ不動産会社でPC関係専門担当で働いています。

最新記事

(02/01)
(09/16)
(05/16)

カテゴリー

WEB拍手はこちらから


Online Fanarts Protection
◇P-chat entrance