忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今更なんだけど好きなんだってば!

51Z5KH6JJ3L._SS400_.jpg息子とともに大好きだった平成ライダーの1つ、仮面ライダー龍騎。

そのキャラですっ。

タイガとゾルダ…
ウオオおおおおおおおおおおおおおおっ!!!
綺麗やっ、かっこええ!!!

そうです、おばさんいい歳こいて特撮大好きです!
流石にそろそろヒーロー戦隊関係は疲れてくるものがありましたが、ガオレンジャーなんか死にそうに好きです!
出てくる造形が綺麗なんだ!
かっこいいんだ!
動物なんだ!!←それが一番問題か?

41HM059K94L._SS400_.jpgこの龍騎ではライダーが沢山でました。
えーと…何体いたっけ?

龍騎、ナイト、ゾルダ、ライア、タイガ、インペラー、オーディーン、シザース、ガイ、王蛇…覚えてるのこれだけ…確か13体いたのよ。

中でも一番息子が好きだったのが、これ、ゾルダ。
銃器使いです。
5111MF3MDAL._SS400_.jpg昔は銃器を持っているタイプが大好きだった息子。
この時代の方がガンシューティングゲームは上手だったよね、彼…

このライダーの人間の時の職は悪徳弁護士。(笑)
でも不治の病を抱えてなお頑張ってたんですよ!



51PDWF5RJZL._SS400_.jpgで、私が一番好きだったのがこれ、タイガ。

その名の通り、トラです。
銀色の虎で、大好きな斧が武器です。
もうツボ入りまくり…ハアハア
なんかもう動物入ると盲目状態になります。
虎の子供って抱いたりしたことありますか?
かわいいんですよぉおおおお!!!!

泣き方も「ミャー」じゃなくて、「みぎゃぁう」なんです!!
ああもう、チビ虎でも生えてるあの首の下のふわふわの毛…あれにもふっとしたい…顔をもふっとしたい…ハアハア

51KAR7ST2WL._SS400_.jpg実はうちのカカシさん達の使ってる武器にこれと似たタイプのものがあります。

1度本館の漫画で出てますが、このタイガ見た時には噴出したもんさ…
その時にはまだ漫画で復活するとは思ってなかったんですけどね。うちの漫画の原本となってる小説ですでにこの武器の詳細設定はしていたので…(笑)

これ改めてみるとやっぱりもう少しうちのカカシさん達の武器の爪もでかい方がええな…設定また時間があるときに考えよう…


で、このタイガ。
人間の時にはかなり精神状態がおかしい方です…王蛇とならんで、かなりおかしい…
一見、怖いです…目が据わってて…

でもタイプは滅茶苦茶好きなんですもん…vvvvv


いつまでこの熱、続くのかなぁ・・・

しかしこれをアマ○ンでみつけた時には購入ボタンを即効で押しそうになりました。
あかんあかん、それでなくてもPCの所にカカシさんだの仏像だのの大好きフィギュアが巣食ってるのにこれ以上増やしたら間違いなく旦那に捨てられる…くわばらくわばら…

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

こんばんは、夕菜さん♪
おお!私はナイトが好きでしたね!!
こうもりと騎士の組み合わせはもうハァハァもんでww
お兄さん的には主人公の須賀くんが良かったかな♪
この頃が一番熱中して見ていたように思います!

ああ、私ももふっとしてみたい~!!
ではでは~
  • レイラ
  • 2008/06/26(Thu)18:28:20
  • 編集

>レイラさん

レイラさん、こんばんはっ!
おおおっ、やはりナイトファンは多いですねぇ…
確かに黒光りしててかっこよかったもんなー、ナイト。
こうもりが背中にくっ付いてマントになった時には正直身を乗り出しましたけど!
「おおおおっ!!!」ってねっ…もう本当に罪な特撮物ですよ龍騎…いまだにこのハアハアが収まりませんからね…うふふふ…
須賀君もかわいかったですからねー。本当にこの番組のライダー達は粒そろいでした。うん!

虎の子供の毛、表面は固いんですけど、内側はほわほわで気持ちよいのです…
そこにもふっとやってぐりぐりするとグルグルグルと泣いてくれますvvvv
あまりやりすぎるとあの太い足でドベシッと叩かれますけど…いや、君達、それ凶器だからね?(笑)
  • 夕菜
  • 2008/06/26(Thu)21:55:28
  • 編集

プロフィール

HN:
悠菜(パンダ)
性別:
女性
自己紹介:
庚の町ただ一人のオタク主婦。
4人と1匹(ダックス♂)家族。
広島在住。
名刺など小さなモノの製作を生業としつつ不動産会社でPC関係専門担当で働いています。

最新記事

ご連絡

ご連絡はこちらからどうぞ